美しい女性

骨盤を維持する

美容道具を持つ女性

赤ちゃんを産んだことから骨盤が大きくずれてしまう人も多いので、産後ダイエットを行うにはまず骨盤の歪みを改善することから始めると良いです。骨盤を良くすれば下半身太りを防ぐことができます。

Read more

正しい食生活

美容室のモデルたち

産後ダイエットをするときは栄養バランスが整った正しい食生活を送ることで健康体を維持しながら体重を減らすことができます。揚げ物や肉類を控えれば無駄なカロリー摂取を抑えられます。

Read more

時期を把握する

メジャーとトマト(ダイエット用)

産後ダイエットは出産してから6ヶ月以内が痩せやすいとされています。この時期を過ぎると痩せにくい身体になるので、この時期で効率的にダイエットをすればスムーズに体重を減らしていくことができます。

Read more

健康的な身体にする

妊娠をすると赤ちゃんのことを第一に考えるため、少しの刺激があるだけでデリケートな赤ちゃんに影響を与えてしまう恐れがあります。
最悪の場合流産になる可能性もあるので、妊娠しているときは母子ともに安全性を考えて自宅で安静にする必要があるのです。
妊娠初期なら少しのウォーキングをすることは良いですが、妊娠中期から後期になるとお腹が大きくなるため動くこともままならなくなります。
動くことが難しいと毎日の生活での移動に制限がかかり、お腹が大きいことから身体全体に大きな負担をかかえてしまいます。
妊娠前と妊娠後を比べると大幅に体重が増加していることもあるので、正しい産後ダイエットを行なうことで早く元の体重を取り戻すことができます。

産後ダイエットをするときはまた身体に負担もあるため、出来る限り自分のできることからはじめていくのが大切です。
妊娠中は動かないため筋力も低下してしまい、同時に身体の基礎代謝も低下します。
基礎代謝をアップするためには軽いストレッチや運動を行なうことで衰えた筋肉を取り戻せます。
産後ダイエットでは毎日自分の姿勢を意識することも重要で、片足だけに重心が傾いているときや、足を組むなどは骨盤をずらしてしまいます。
骨盤がずれると痩せにくい身体になってしまうので、普段から正しい姿勢を心がけることで骨盤を広げる心配もありません。
できることから運動やストレッチを始めていけばスムーズに妊娠前の体型を目指すことができます。

太るのを防ぐ

口紅

赤ちゃんを出産すると産後太りやすい体質になるため、それを防ぐためには産後ダイエットをする必要があります。流動性脂肪を減らして骨盤の歪みを改善すれば産後でも痩せやすい身体にすることができます。

Read more

デリケートな身体

美容術を受ける女性

産後はデリケートな身体になっているので、少し身体に負担してしまうだけで体調が崩れやすくなります。赤ちゃんを産んでこれから子育ても始まるので、子育てと両立しながら産後ダイエットを行なうと身体の負担を軽減できます。

Read more

計画しておく

美容室施療中

どのダイエットでも同じことが言えますが、スケジュールを立てておかないと継続することができなくなります。女性は産後太りやすくなるので、産後ダイエットをする前にある程度計画を立てておくと毎日取り組みやすいです。

Read more